FC2ブログ

台風24号の爪痕

風の強い台風だった。
いつも通る遊歩道の桜並木。

Oct 1 2018

根元から持っていかれた。
ここだけではないのだろう、しばらくはこのまま放置せざるを得ないか。


スポンサーサイト

清里でキャンプ

マルシャルのテントも直ったことだし、ということでキャンプにGO! である。
清里の「丘の公園キャンプ場」でオートキャンプ・サイトを2区画予約した。
息子と彼女といっしょである。へんな組合せであり、しかも、車1台(プリウス)に4人乗り込み、キャンプ道具2セットを積んだ。
後部座席の1席分をつぶし、その足元も含めてこんな積み方である。これだけでは足りず、運転手以外は膝の上にも荷物である。

Camp 2018 5

マルシャルのテントのファスナーも直して、久しぶりに張った。

Camp 2018 1

パァ~ンときれいに張れたぜ。

Camp 2018 2

もう一区画には息子のテントとタープを張り、ここをリビング・スペースとした。
たき火台で炭をおこして、肉を焼き、野菜を蒸し焼きし、ピーマンを丸焼きし、シメにトン汁とご飯。
ビール、日本酒、ワインとくれば、もう腹いっぱいである。
ピーマンの丸焼きは我が家の定番であり、トロトロに焼いたピーマンに醤油を垂らして丸ごと食べる。
普段はピーマンはそれほど好きではないが、これだけは別である。

Camp 2018 3

食べた後は、意味もなく火を見ながらボーッと過ごす。
リピーターの多いキャンプ場であり、9時過ぎには静かになって、後はマッタリとした時間を過ごせた。
雨も風もなく、気温も20℃くらいか、まさに快適なキャンプであった。

Camp 2018 4

翌日は、気持ちの良い朝を迎えられた。久しぶりに雨でない朝である。
前の日のトン汁の残りにうどんと残り飯を入れて煮込みどんぶりで朝食。

Camp 2018 6

帰りの渋滞も心配ではあったが、天気がよかったので近くの美し森まで行った。

Camp 2018 7

美し森の駐車場から木道の山道を数分歩いただけでこの眺望。
左には富士山、右には南アルプス、さらに右手を見ると八ヶ岳の最高峰、赤岳まで見えた。

Camp 2018 8

iPhoneでパノラマ撮影したので、こちら↓をクリックすると別画像で大きなものが見える。
Camp 2018 8 large

11時過ぎには長坂インターに入ったのに、小仏トンネルで11kmの渋滞になっていた。
もう一つ小仏トンネルを増やして合計3車線にするとのこと。完成予定2025年だそうだ。
中央道の泣き所なのだな、ここは。

それにしても、久しぶりに楽しい、おいしいキャンプであった。


古いテントの復活計画 その2

前回の続きである。
注文していたスライダが届いたので、摩耗したスライダと交換してみた。

Wico 1

これが今まで付いていたスライダであり、ニッパーで切断してみた。
上部の三角形のところから一対のジッパー(エレメントというらしい)が入り、スライドさせることでジッパーが噛み合う構造になっているんだね。

下のV字の壁のような部分でジッパーを噛み合わせるのだけど、ここが摩耗していて十分に噛み合わせることができなかったんだろう。

新しく買ったスライダは、スウェーデン製のZlideOn (ズライドオン)という製品。
ジッパーには3種類あって、メタル、プラスティック、コイルとあるのだそうだ。
それぞれにサイズがあって、うちのテントはコイルと呼ばれるタイプでサイズを調べて注文した。
確かに、噛み合うエレメントがコイルのような形状をしている。
送料込みで1個1,480円であった。

Wico 2

取り付けてみた様子。バッチリだぜぇ~
しっかりと噛み合っていて外れないぞ。
唯一の欠点は、取っ手というのか、引き上げるのに使うタブというか、それが一個しかないのだ。
テントで使った場合、内外から開け閉めするのだが、このタブが両面にないのだ。
まぁ、なんとか使えるから良しとしよう。

Wico 3

これでマルシャルのテントがまた使えるようになった。
テント生地を入れてある袋。テント生地とペグを入れただけで20kgくらいあるか。
鉄製のポールも入れると、総重量30kgにはなる。
今度はこれを使ったレポートをしてみたい。


トイレの修理(給水フィルター付水抜栓)

トイレの修理ネタはこれで3回目になる。

最初は、蓋のダンパー(閉止ユニット)の交換。次は、ダイアフラムの交換

そして今回は、ウォシュレットの給水フィルター付水抜栓の交換である。
症状としては、ウォシュレットへの水を供給するホースの先あたりからの水漏れであった。

Water Filter 1

白い丸い形をしたものが「給水フィルター付水抜栓」という名称の部品である。
まずこれであろうと断定し、早速ネットで購入。
2個入りで597円という、リーズナブルな価格、しかも送料無料であった。

Water Filter 2

部品交換の前に元栓を閉めてから、10円玉で回して外す。

Water Filter 3

新しいものと交換するだけで水漏れは止まった。
良かった、良かった。


古いテントの復活計画

30年も前に、「一生もの」と思って買ったキャンプ用テントがある。
フランスはマルシャル(Maréchal)というメーカの、オール・コットン製テントだ。
この夏、子供の持っているテント(Snow Peak)を借りて久しぶりにキャンプしたら、重大なことに気付いた。
最近のテントはドーム型が多いが、入口の高さが低いので、何度も出入りしていると腰に負担がかかるのだ。
歳のせいと言ってしまえば、「はいそれまでよ~」となるが、結構つらいものだ。
それで、思い出したのが、仕舞い込んであったマルシャルのテントだ。
これはロッジ型であり、身長180cmのわたしでもほとんどかがむことなく出入りできるのだ。
キャンプから帰って早々、恐る恐るマルシャルを広げてみた。
なんともないぞ。カビもなし、コットンにほころびもなし。
ただ、テント入口のジッパーがゆるい。閉めてもジッパーがゆるんで開いてしまう。
いろいろ検証した結果、ファスナーの駒自体は損傷ない。どうやら可動部の「スライダ」が摩耗しているようだ。

WICO ZIPPER

これはなんとかして復活させたい。
只今、交換の可能性のあるスライダを注文中。
なんせ、フランスの製品なので、ファスナーもYKKではないのだ。
直ったら嬉しいな。。。
それにしても、この写真、なんかカッコいいな。

プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード