薪ストーブライフCDレビュー#30(日本バージョン)

さて、後半の3枚である。

日本映画とその音楽の結びつきの強さで言ったら、まずこれではないか。
ジブリ映画と久石譲(クインシー・ジョーンズ)さんである。

どの曲を聴いても、パッと宮崎さんの映像が浮かぶこと間違いない。
そんな中、改めて久石さんのジブリ音楽を探してみて見つけたアルバムがこれだ。



これは、映画で使われている音楽そのもの(サウンド・トラック)ではない。
ライナー・ノートに曰く、
「サントラのアレンジに比較的近いものもあれば、アルバムのコンセプトに沿って大胆にアレンジし直されたものもある」とのこと。

ジブリのサントラもいいんだけど、あまりにも映画の味が強すぎて音楽としての独立性が薄くなってしまう気がする。
その点、このアルバムの演奏は、映画のテイストはあるのだが、久石さんの音楽性がしっかりとでていてとても良い。
思いのほか気に入ったアルバムである。久石さんの音楽って、改めていいなと思った。

続いては、坂本龍一さんの映画音楽である。
彼の映画音楽を集めたアルバムに「UF」というのがある。

やっぱり「戦場のメリークリスマス」ではないか。
戦場における勝者と捕虜の物語でなく、人間愛と戦争の矛盾みたいな、とても複雑な人間模様ですなぁ。。
大島渚さんというのはすごい監督だったんですな。それに、デビッド・ボーイはやっぱりイケメンだねぇ。
で、この音楽だ。映画を観たことがなくてもこの音楽は誰もが知っているのではないか。
雑誌の記事にも書いたが、あまりに音楽の個性が強すぎるのがいいのか悪いのか。それほど強烈な個性の音楽だと思う。



もう一枚が、ゴジラ、大魔神の映画音楽である。
いや、本当に怖くて、これ以来怖い映画が苦手なのだ。。
とはいっても子供の頃に見たのは「モスラ対ゴジラ」あたりではないかと思うんだけど。
音楽は、伊福部 昭さんなのだそうだ。



今、じっくり聞きこむと、怖いけどなんか物悲しいね。
ゴジラは核開発で生まれたものなんだよね、だからそのレクイエムなのだろうな。
すごいな伊福部さん。



民衆の怒り、悲しみが大魔神を生んだんだね。子供の頃は、そんなことより何せ怖くて怖くて。。。
いやぁ、この頃のストーリーっていいね。ちゃんと観る必要がありそうだ。


スポンサーサイト

薪ストーブライフ CDレビュー #30(10周年記念号)

薪ストーブライフのCDレビューを書いた。
早いものでもう10周年なんだと。もう30号である。

WoodStove30Cover.jpg

5号から書き始めたのだ。そのときはまだ「50を過ぎた」ばかりだったのに、気が付いたら「60を過ぎて」いた。。。なんてこった。

さてさて、記念号では映画音楽を特集した。
今の映画より、昔の映画の方が音楽との結びつきが強いように感じられる。
音楽を聴いた途端にそれが使われた映像がパッと浮かび上がる。
考えてみればすごいことだと思う。これほど幸せな音楽はないのではないか。。

WoodStove30CD.jpg
(クリックすると拡大表示)

初めてレコードを買ったのは、おそらく、「さらば夏の日」だったのではないかと思う。
1970年の映画だというから、12歳か、13歳、中学生だったのか。
ラジオで聴いてとても気に入った曲だった。それでレコードを買ったのだと思う。
フランシス・レイという人が作曲したのだと知ったのはずっと後のことだったと思う。
実は、これ、いまだに映画を観ていないのだ。。。 観てないないけど、ヨーロッパの夏の日を感じるではないか。
大好きな曲である。



月日は流れて大学生、スキーが流行っていた頃で、よくスキー場のリフトに乗っているときにスピーカーから流れていた曲がこれだった。

hqdefault.jpg
白い恋人たち
(タイトルをクリックすると別ウィンドウでYouTubeが開く)

その当時は、てっきり恋人たちの映画だと思っていた。
1968年のグルノーブル冬季オリンピックのドキュメント映画だったんだね。
これもフランシス・レイなのだ。

そして、さらにこんな映画もあるぞ。



「男と女」だ。1966年の映画だ。この映画を知ったのはもっと後だった。
テレビで放送されたのを観て、度肝を抜かれた。なんて素敵な映画なのだと。。
今見ても、一級品の映像、音楽で間違いない。
この女優さん、アヌーク・エーメっていうのね、知りませんでした。
そして、この音楽もフランシス・レイなのだ。

ここまでくると、この「ノリ」がわかってくるね。これがフランシス・レイであり、フランス文化の香りなのだ。
陳腐な言い方だけど、なんか大人だなぁと思うのだ。
「印象操作」だとか、「忖度」だとか、知性のない言葉を繰り出すような文化とは程遠い。

次は、「ティファニーで朝食を」だ。



実は、この映画も観ていない。だから、映画の話はできないのだ。
初めて知ったのは、アンディ・ウィリアムズが歌ったこのバージョンだった。



オードリー・ヘップバーンもいいし、アンディ・ウィリアムズもいい。
今となっては古典だけど、名曲でしょう。

こんなバージョンもあるぞ。



とても好きなギタリストである Ed Gerhard(エド・ガーハード)の演奏である。
下手だけど、わたしも弾きます。

で、作曲はヘンリー・マンシーニである。
イタリア系アメリカ人なんだって。

こんな映画音楽も作っているぞ。



ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニの「ひまわり」。
1970年の映画で、イタリア、フランス、ソ連の合作映画とのこと。
これは観た。これも大人の映画だね。結末といい、一面のひまわり畑といい、ジーンとくるではないか。

三人目はバート・バカラックである。バート・バカラックといえば、どうしてもカーペンターズ、ディオンヌ・ワーウィックを思い出してしまうが、映画ではこれがあるではないか。

133505_3-284x400.jpg
明日に向かって撃て
(タイトルをクリックすると別ウィンドウでYouTubeが開く)

この映画はアメリカだねぇ。なんか、前のフランスの映画の後に見ると、とんでもなく呑気な物語に見えてしまう。
それにしても、いい歌だなぁ~ B.J.トーマスが歌う「雨にぬれても」。

(後篇に続く)

奥久慈茶と梅酒

大学の友人が田舎でお茶を栽培している。
新茶ができたというので、頼んで送ってもらった。
日本最北のお茶、奥久慈茶である。茨城県大子町なんだって。

GreenTea 2017

うれしいね、お茶好きだし、知り合いが栽培しているとあれば飲んでみたいではないか。
淹れたときの色は薄いけど、しっかりと味があるのはなんとなく中国茶っぽい感じ。
また、紅茶のフレーバーもした。まったく個人的な感想だけど。
いいっすね、生産者の顔が見える関係って。ガンバッテ~、応援してるよ~

Umesyu2017.jpg

こちらはいつもの梅酒の仕込み。今年も砂糖少な目で仕込んだ。
手前にあるのは、これまたいつもの手作り生姜シロップ。今回は香辛料を多めに入れて、ガツンとくる味にした。

プリウスの燃費

高齢者住宅にいるジジババの様子見に車で行くのだが、連休の天気の良い日、下道で行ってみた。
いつもは、国立府中から中央道に乗って片道100km、勝沼か甲府昭和で降りる。
今回は、行きは国立府中から乗って大月まで。後は下道の甲州街道で甲府まで。

この、大月から勝沼までの甲州街道には、信号機がほとんどない。
実際には6~7機はあるかもしれないけど、押しボタン式がほとんどなので、高い確率でノンストップでワインディング・ロードを堪能できる。時間に余裕があるときは是非通りたい道である。ただし、前に遅いトラックがいたら、はいそれまでよ、となるのだが。

さて今回、帰りを完全下道で帰った。たまにするんだけど、3時間半かかるのでちょっとした覚悟がいるのだ。
今回は天気も良くて気温も22~23℃と申し分ない。こんなときのプリウスはいい燃費を記録するのは知っているのだ。

Nenpi May 2017 2

これがその結果。
どこにも寄らずに帰ったのだが、やはり3時間半かかる。
ガソリン代が412円か。すごいな。ガソリンを3.3リッターしか消費していないのだ。

甲府市内の標高が約300m、小平市の標高が約75m、標高差が225m。
この標高差が燃費に効くのだ。
小平から甲府では登りになって燃費は悪くなるのだ。とは言っても下道を走れば30km/lは行くのだが。

Nenpi May 2017 1

ちなみに、これが月別燃費。
やはり、春と秋の燃費が良い。エアコンも使わず、ヒーターも使わないのであまりエンジンが回らないからである。
総合燃費は、今のところ 26.1 km/lなり。


Giant CS-7000 変速機レバーの交換

もう10以上前に子どもが買ったクロスバイク Giant CS-7000。
いらいなというので引き取った。
変速機レバーが壊れたとのこと。
どうも変速機レバー以外は、パーツこそ傷んでいるけれどなんとか使えるぞ。

若かりし頃は自転車小僧だったのだ。
んじゃ、部品を探して交換すればいいんでないの?
ということで、ネットで部品を探した。
さすがに古いものなので新品はなく、程度の良い中古品を探し出して買い、交換した。

Giant 03

まずはハンドル・グリップをこじりながら外す。ゴムが劣化して、一部溶けてハンドルにくっついていたのでちょいと苦労して外した。

Giant hadle

乗ってみて、フラット・ハンドルの長さが長いと感じたので少し切り詰めた。片側2cmほど。
オフロード用ではないので、やはり肩幅の長さが正しいのだ。
ずいぶん操縦しやすくなったぞ。

Giant 01

アウター・ケーブルはまだ生きているので、インナー・ケーブルはホームセンターで新しく買った。
ブレーキ・レバーを外してから古い変速機レバーも外して新しいのを取付け、インナーケーブルを通す。

Giant 02

一部フレーム内をワイヤーが通過するのだが、無事に変速機までたどり着き、ここで先端を固定する。
ついでに、このネジを回して変速機の位置を微調整。

Giant 04

リアも同様に交換してワイヤを固定する。あらら、ワイヤがほどけていて危ないぞ。
ちなみに、主要パーツは Shimano TIAGRA というシリーズでまとめられていた。
後9段、前3段。

Giant 08

こんな感じに仕上がり、はい終了。
まだまだ現役で使えるぞ。

Giant 05

これは、後から取り付けたスタンド。
とてもお気に入り。
アメリカではごく一般的なもので気に入っていた。
これもわざわざネットで探して買ったのだ。

Giant 06

これが日本式のスタンド。
何が問題かというと、スタンドを跳ね上げたときの後ろ姿がとても不細工なのだ。

Giant 07

アメリカ式のスタンドを跳ね上げるとこんな感じになって、後ろからは見えなくなる。
後ろ姿がすっきりしていて美しいのだ。
欠点は、スタンドを下した状態でペダルが回せないことかな。スタンドにぶつかるのだ。些細なことだ。

メカメカものは面白いなぁ。


プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード