ちょんまげぷりん 1&2

タイムトラベル系の小説はやっぱり面白い。
久しぶりにそんな本を読んだ。

ちょんまげぷりんちょんまげぷりん2

「ちょんまげぷりん」、180年前の日本から侍がやってきてしまう。
どうなるかはだいたい想像がつくんだけど、わかっていても江戸時代からの視点で現代を見る、その考え方のギャップを再認識するのが面白いのかなぁ。映画にもなっていたんだね。観てみたいな。

「ちょんまげぷりん2」では、逆にこっちにいた子供が180年前に戻ってしまう。
1を読んだら間違いなく2を読むでしょう。ああ、面白い。

小説ではこの侍さん、この表紙ほどハンサムじゃないけど、まぁいいか。
この表紙を見て思い出した。むか~し、NHKのドラマで「タイムトラベラー」というのがあった。
その主人公がこんな感じの少年だった。ググったら、その名前を見つけました。「ケン・ソゴル」だ。
知らなかった、原作は筒井康隆の「時をかける少女」だったんだね。

タイムトラベルものではないけど、同じ時期にやっぱりNHKのドラマで思い出したのが「つぶやき岩の秘密」だ。
とはいっても覚えていたのは主題歌で、石川セリが歌った「遠い海の記憶」だ。この曲を頼りにググったら、このドラマだったというのを思い出した。ストーリーは全然覚えていないけど、サスペンスだったようだ。とにかくこの曲が気に入って、レコードを買ったくらいだから。



ほう、1973年の作品だったか。それにしても、これが少年向けのドラマだとは。。。
すごい選曲だし、よくこんなストーリーを少年向けにしたものだ。NHKもすごいね。

そういえば、タイムトラベル系で最近面白いと思うのが、NHKの「タイムスクープハンター」だ。

昔の日本の様子を、その時代に遡ってそこからレポートする。インタビューも試みる。
いいアイデアだなぁ。ついつい観てしまう。

やっぱりタイムトラベルものは面白い~



スポンサーサイト
プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード