炊飯器 SR-IHSA15

16年も使った炊飯器が、とうとう壊れた。
ナショナル製SR-IHSA15

Ricecooker01.jpg

H02というエラー・メッセージが表示されたまま、どのボタン操作も効かなくなった。
こりゃ制御回路がイカレタね。さすがに直せないと判断。
最後のご奉公ということで、分解させていただきました。

お釜を覆う部分のIHヒーター部

Ricecooker03.jpg

16年前にはすでにIHヒーターで誘導加熱していたのか。加熱する部分は2箇所。釜の底とややサイドの部分ね。
まわりを覆っているアルミ板はなんだろう。ノイズ遮蔽かな。

Ricecooker08.jpg

この2枚が制御回路基板。大きなヒートシンクの下にはコイルに電流を流すためのパワー・トランジスタがあるんだろう。

Ricecooker09.jpg

これが心臓部のマイコン・チップでしょう。基板の裏側に付いていた。

なるほど、炊飯器ってこういう構成になっていたのね。

アメリカで生活していた頃、この炊飯器を車に積んであっちこっちの国立公園にも出かけたのだ。
そうだ、変圧器も持ち歩いていたな。
こんな炊飯器、そうそうないぞ。
なんという働き者だったんだろう。
今まで本当にありがとう。
スポンサーサイト
プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード