薪ストーブライフ CDレビュー #26 その2

中南米のギターが好きなのだ。

行ったことはないけど、とてもゆったりしていて、優しい風を感じるのだ。
その中で最も好きなギタリストが「キケシネシ」さんなのだ。



なんてやさしいメロディなのだろうか。
このピアノの「カルロス・アギーレ」さんも大好きなミュージシャンなのだが、この二人の気持ちが繋がった演奏は感動的だ。
よくは知らないけど、きっと親友なのだろうと思わせるに十分ではないか。
ちなみに、この二人はアルゼンチンの人である。
すばらしい~

同じギターとピアノでこっちはどうだ。



ホメロ・ルバンボさんのギターとセザル・カマルゴ・マリアーノさんのピアノである。
こちらはブラジルの方である。

明らかに日本人のノリとは違うけど、いいなぁと思うのはわたしだけかいな。。。
この二人を聴いて俄然中南米に興味が湧いたのだ。
行けたらいいなぁ~

同じように、中南米のギターに憧れる日本人ギタリストもいることはうれしいことである。



大萩康司さんである。この曲は、キューバの人の作曲である。どうだい、中南米ギター、まいったね。

もう一つ、中南米ギターが好きになるきっかけとなった曲である。



作曲はブラジル人のサルジオ・アサドさん。曲名はヴァルセアーナ。
演奏しているのは Jeff Carter さんという人。趣味の人だと思うのだが、なかなかの腕前と見た。

スポンサーサイト
プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード