Take 6 2012

Take6のコンサートを「すみだトリフォニー・ホール」まで観にいった。

Take6 2012

Take6はデビュー当時からのファンなのだ。初来日した1989年も観にいったぞ。
メンバーの入れ替えはあったものの、やっぱりこのコーラスは唯一無二だ。

前半はアカペラ、後半は新日本フィルとの共演であった。

彼らのコーラスをライブで聴いて、スキーを思い出した。スキーって、直滑降も面白いけど、それ以上に曲がるのが面白いよね。なぜ曲がるのが面白いのか、それはテールの「ずれる」感覚が気持ちいいからじゃないかなって思うのだ。あるいは、車でドリフトをする気持ち良さも同じことだと思う。後輪が「ずれる」、その感覚をオシリが理解するからだと思う。じゃあTake6の気持ちよさはというと、わざと少し外した和音からきれいな和音に、またはその逆に行ったり来たり、音がずれるところにあるんじゃないかと思うのだ。そのたびに鳥肌がたつんだよね。ライブではその感覚が実にリアルで。う~ん、すばらしい!

新日本フィルは普段クラシックを演奏するんだよね、よく知らないんだけど。この日は、いわゆるポップスのオケだった。ちゃんとしたクラシックのプロがポップスのオケをするのを初めて生で聴いた。きゃ~カッコイイ。Take6とは別にちゃんと聴きたいくらいだった。ただ、厳しい注文かもしれないけど、アカペラのバックにオーケストラが入ると、特にストリングスの音色がハーモニーの音色とかぶってしまって、区別しにくくなるのが難点だったと思う。管楽器は別な音色なので喧嘩しないんだけど。

やっぱりハーモニーはすばらしい!それもちょっとずれたやつね。それがジャズなんだけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード