戦後史の正体(孫崎 亨)

孫崎 亨(うける)さんの「戦後史の正体」を読んだ。
孫崎さんは、元外務省の国際情報局長なのだそうだ。
戦後の日本の政治、行政を、アメリカからの圧力という視点で考察している。

Magosaki.jpg

そうなんだろうなぁと、うすうす感づいてはいたんだけど、これほどとは思わなかった。とてもショックだ。日本は太平洋戦争で負けて以来、いまだにアメリカに支配され続けているということなのね。確かに、原発事故や基地問題など、アメリカが日本を利用する、という視点で考えると頷けることが多いもんなぁ。

ちょいと引用すると、

1951年、日米安保条約を締結する際、「われわれ(米国)が望むだけの軍隊を、望む場所に、望む期間だけ駐留させる権利を獲得する」という目的をもっていて、その目的の実現のための行政協定があり、「日本国は合衆国に対し、安全保障条約第一条にかかげる目的の遂行に必要な施設および区域(=基地)の使用を許すことに同意する」と書かれている。次に、「日本国および合衆国は、前記の施設および区域を日本国に返還すべきこと、または新たに施設および区域を提供することを合意することができる」と書かれている。
「できる」ということは、米国が返すのが嫌であれば合意しなければよい、ということなんだと。

これが今でも生きているということなんだろう。いったい日本って。。。

で、こういったアメリカ支配から脱却しようとする政治家が現れるたびに、アメリカおよびそのいいなりになっている検察によって引きずり降ろされると。もともと特捜部というのは「隠匿退蔵物資捜査部」が前身であり、その任務は、敗戦直後に旧日本軍関係者が隠した「お宝」を摘発してGHQに差し出すことだった。検察がアメリカと密接な関係にあるのも頷けるというものだ。

もう、日本人を半分降りたくなる気分だ。

読んでて唯一の救いは、戦後すぐにこの状態に対してちゃんと文句を言えた政治家がいた、という事実だね。でも、今の政治家は自ら進んでアメリカの犬になっているとしか思えない人が多いのが悲しい。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード