薪ストーブライフ#23 その2

薪ストーブライフのCDレビューその2。

ピエール・ベンスーザン、フランスのアコースティック・ギタリストである。
デビュー40周年記念のライブ演奏を集めた3枚組。

Pierre Bensusan B

フィンガー・ピッキング・ギタリストには2種類あって、なんとかがんばればコピーできそうな演奏をする人と、はなから「こりゃダメだ」と思う人がいる。ピエールさんは、完全に後者ですな。

でも、キモを押さえていて、ため息をつくしかしようのないような美しいメロディ・ラインをサラッと弾いてしまう。DADGADという変則チューニングを流行らせた人らしい。このチューニングはわたしも好きで、なんともいえない透明感と深い響きがいい。

Night Song


そして、現在最も好きな日本人ギタリスト、岸部眞明さん。

Kishibe Masa B

その8枚目のアルバムである。

岸部さんもDADGADチューニングをよく使う。ただし、このアルバムではそのほとんどがCGDGADチューニングで演奏されている。これ、好きかもしれない。ちょっと森の暗さを感じるけど、深みがあって、澄んだチューニングだ。

流星


どうだろうか、この感じ。なんか日本っぽくない、北欧系のイメージじゃありません?
ただいま練習中です。岸部さんの演奏は、がんばればなんとかなりそうなのだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード