薪ストーブライフ CDレビュー #28 その2

Bill Evans & Toots Thielemans

Affinity



Toots Thielemas(トゥーツ・シールマンス)
ベルギー出身のジャズ・ハーモニカ奏者である。今年8月、94 歳で亡くなった。

ミュージシャンとしてはジャズ・ギタリストとしてスタートしたが、ハーモニカの方が評判が良かったみたい。
そのときに使用していたギターがリッケンバッカーであり、その演奏を観たジョン・レノンが影響を受けてそのギターを真似たんだって。

92歳まで第一線で演奏していたというのだから驚きである。
このアルバムはビル・エバンスの共演であり、ピアノとハーモニカという組合せが新鮮だ。
とてもクールですな。マンハッタンの高層マンションから都会を見下ろしながら聴くといいんだろうな。
行ったことないけど。
それにしても1978年の録音なんだって。
ピアノとハーモニカの演奏なんて、まさに大人のための音楽でしょう。

Stephane Grappelli & David Grissman
Live



Stephane Grappelli(ステファン・グラッペリ)
フランス出身のバイオリン奏者で、1997年に89歳で亡くなった。
すごいね、88歳のときには来日して演奏していた。
この人のバイオリンは歳をとるごとに深く、滑らかになっていくのだ。
淀みないというか、まさに流れるようなプレイだ。
バイオリンとマンドリンというのは、チューニングが同じことからとても相性の良い楽器である。
マンドリンの第一人者であるDavid Grissman(デイビッド・グリスマン)との演奏は、とてもスリリングなものである。
一方は弓で弾き、一方はピックで弾く。映像で見ると、同じような楽器なのにこんなに違っていて面白い。




こうやって観てみると、この楽器は聴くよりも演奏した方が100倍は面白いに違いないと思う。

最後は、まだ亡くなっていないけど、60を過ぎて頑張っている日本のミュージシャンを取り上げた。

Gontiti(ゴンチチ)である。
「ダブル還暦フェスティバル 2014」


<課外授業>

すごいね、真っ赤なジャケットに真っ赤なギター。
この人たちの感性もとても共鳴できるもので、琴線に触れるんだよね。


<放課後の音楽室>

先に紹介したミュージシャンに比べればまだまだ若造の60歳代、これからもいい演奏を続けてもらいたいものだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード