薪ストーブライフCDレビュー#30(日本バージョン)

さて、後半の3枚である。

日本映画とその音楽の結びつきの強さで言ったら、まずこれではないか。
ジブリ映画と久石譲(クインシー・ジョーンズ)さんである。

どの曲を聴いても、パッと宮崎さんの映像が浮かぶこと間違いない。
そんな中、改めて久石さんのジブリ音楽を探してみて見つけたアルバムがこれだ。



これは、映画で使われている音楽そのもの(サウンド・トラック)ではない。
ライナー・ノートに曰く、
「サントラのアレンジに比較的近いものもあれば、アルバムのコンセプトに沿って大胆にアレンジし直されたものもある」とのこと。

ジブリのサントラもいいんだけど、あまりにも映画の味が強すぎて音楽としての独立性が薄くなってしまう気がする。
その点、このアルバムの演奏は、映画のテイストはあるのだが、久石さんの音楽性がしっかりとでていてとても良い。
思いのほか気に入ったアルバムである。久石さんの音楽って、改めていいなと思った。

続いては、坂本龍一さんの映画音楽である。
彼の映画音楽を集めたアルバムに「UF」というのがある。

やっぱり「戦場のメリークリスマス」ではないか。
戦場における勝者と捕虜の物語でなく、人間愛と戦争の矛盾みたいな、とても複雑な人間模様ですなぁ。。
大島渚さんというのはすごい監督だったんですな。それに、デビッド・ボーイはやっぱりイケメンだねぇ。
で、この音楽だ。映画を観たことがなくてもこの音楽は誰もが知っているのではないか。
雑誌の記事にも書いたが、あまりに音楽の個性が強すぎるのがいいのか悪いのか。それほど強烈な個性の音楽だと思う。



もう一枚が、ゴジラ、大魔神の映画音楽である。
いや、本当に怖くて、これ以来怖い映画が苦手なのだ。。
とはいっても子供の頃に見たのは「モスラ対ゴジラ」あたりではないかと思うんだけど。
音楽は、伊福部 昭さんなのだそうだ。



今、じっくり聞きこむと、怖いけどなんか物悲しいね。
ゴジラは核開発で生まれたものなんだよね、だからそのレクイエムなのだろうな。
すごいな伊福部さん。



民衆の怒り、悲しみが大魔神を生んだんだね。子供の頃は、そんなことより何せ怖くて怖くて。。。
いやぁ、この頃のストーリーっていいね。ちゃんと観る必要がありそうだ。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード