餅つきとヨツール・パイスNo.5

仕事上での先輩にあたる方の自宅で餅つきがあった。

Mochi01.jpg

この方は薪ストーブの先輩でもあり、今日は火を囲む一日でもあった。
まずは、もち米を蒸す。久しぶりに蒸篭で蒸すという光景に出会えた。煙り、湯気、薪棚、時間の流れが違う。

Mochi02.jpg

Mochi03.jpg

臼と杵。杵は軽いのから重いのまで4種類。一番重いのは5kg近くあったか。どうしても挑戦したくなくじゃないか、男なら。おかげで腕がパンパンです~

Mochi04.jpg

ほ~ら、蒸しあがったよ。

Mochi05.jpg

熱いうちにこねる、こねる。急げ~手伝え~

Mochi06.jpg

なんともいえない、お米の炊き上がりのいい匂いが漂う。

Mochi07.jpg

三人がかりでイチ、ニ、サン、イチ、ニ、サン。リズムよくついてゆく。

Mochi08.jpg

陽だまりの中で、まずはおろし餅だよ~

Mochi09.jpg

その後、いろいろな食べ物がでてきた。この器はすべてここの奥さんの手作りだ。ロクロもあるし、電気炉もある。芸術家ですな。すてきな器は、料理をさらにうまく見せるね。魔法のようだね。

Mochi10.jpg

煙りと湯気と梢でできる光は、まるで後光のようだ。

Mochi11.jpg

七輪で焼いてみるのもいいもんだ。

Mochi12.jpg

この家のストーブは、ヨツールのパイスNo.5というもの。サイドには熊のレリーフがあって、なんとも味があるストーブであった。

ニッポンの、由緒正しき冬の一日、って感だった。
いいなぁ。
チャンスがあれば、この記事をもとに自分でも餅つきがしたいぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード