地震後、品川から歩いて帰った

3月11日(金)、長男の誕生日であった。大きな地震があった。勤務していた品川のビルは比較的新しかったが、それでもかなりゆれた。しかし、何らものが落ちることもなく、被害はなかった。

首都圏のJR、私鉄、地下鉄はすべて運休。電気、水道は問題なし。ネットも生きている。Twitter経由で知ったが、オーストラリア発の中学生がUSTREAMでNHKのテレビ放送を流していた。それによると、千葉の製油所が燃えていた。東北では津波が家々を流していた。とんでもないことが起こっていることだけは間違いなかった。

さて、どうする?車に相乗りして帰る人もいた、泊まると覚悟する人もいた。。。電車は今晩は動かないと思えた。ならば、一度はしてみてもよいと思っていた「歩いて帰宅」をやってみよう、と決めた。

早速、ネットで道順を調べた。地図を印刷して道順をマーキングして、用意していたお茶の500mlボトル2本を持って、18時22分スタートした。

第一京浜を北上、歩道いっぱいに人があふれながら歩いている。車道を歩いている人までいる。渋滞で車が止まっているからいいけど、あぶねぇなぁ。それにしてもすごい人の数だ、うまく歩けないぞ。

PA0_0001.jpg

芝公園を通過、東京タワーが光っている。なんか、頼もしいなぁ。しょぼい携帯で撮影。ブレまくりじゃ。

19時20分、外苑東通りに入り、ロシア大使館の前を通過。こんなときでも日本の警官が警備しているのね。六本木のドンキにはすごい行列、食料の買い込みか、入店規制している。

六本木で六本木通りを左折、渋谷に向かう。上を首都高が走っているのだが、車がない。。。こんな景色を見ることはもうないかもな。車のない首都高、、ありえねぇ。渋谷に近づくにつれてさらに人が増えてくる。しかも、歩道が狭いったらありゃしない。歩く人で渋滞になっている。思った以上に歩道橋が多く、さらに渋滞になっている。警官が人の波をさばいている。こんなときは大きな駅は避けるべきだな。バスなのか、タクシーなのかものすごい行列だ。渋谷駅を通過したのが20時20分。

神泉町交差点で旧山手通りを右折、東大教養部前を通過。何台も救急車が通り過ぎていく。それにしても、ここまでどこにも地震の被害が見られない。停電もしていない。東北沢という、東だか北だかハッキリしてくれぃというような町を通過し、大山を通り、やっと笹塚で甲州街道に出る。笹塚のビルの外壁の塗装が剥がれ落ちている。ようやく地震の被害らしきものを見る。よおし、ここまでくれば、地図なしでも帰れるぞ。

21時45分、松原交差点で井の頭通りに入る。まだ脚は大丈夫だ。それにしても風がチベタイ。片手に地図、片手に携帯を持っているので手が痛いよう。もう道はわかったので地図はしまった。ポケットに手を入れると少しは寒さを防げるが、手を振らないと歩くリズムがとれない。

井の頭線が平行して走っているが、まだ不通のままだ。くそぉ~。
永福の近くで「東京都水道局和泉庁舎西部支所」の前を通る。「トレイ、ご自由にお使いください。」の張り紙が見えた。寒いし、このへんでトレイ休憩にしよう。職員がおおぜいいて、水のペットボトルを無料で配布していた。偉いぞ。少しだけ休んで再出発。コンビニでチョコレートを買う、う~ん、甘いもので元気がでるぞ。

メールが少しずつ届くようになる。家から「車で迎えに行こうか?」とくるが、せっかくここまで来たんだから最後まで歩きたいような、妥協して乗ろうか、心がグラングラン揺れる。歩き始めてそろそろ4時間半、脚がだるくなってきたし、心なしか歩く様がブレる。23時10分、やっと吉祥寺だ。どうやら井の頭線が開通したようだ。遅いわ。信号で止まるたびに屈伸運動する。家から電話が入る。道路も流れてきていたので、車でのサルベージを依頼する。五日市街道で拾ってもらう。23時40分。

ここで、女性から道を尋ねられる。折角なので、誘って乗ってもらう。さらに少し先のバス停で時間を確認している女性にも声をかけてピックアップ。武蔵小金井まで走る。途中のパン屋さんに張り紙、「一人一つパンを差し上げます。」偉いなぁ。JRが不通なので、駅近くでも道路が混んでいない。武蔵小金井駅で女性ふたりを降ろし、家に戻ったのが0時30分。

後で調べた距離、25.3km、歩行時間5時間20分、平均速度4.75km/hなり。
東北の被災者のことを考えればこれしきのことなんともないぞと思いながら歩いた。
いつかは来るだろうと思っていた大きな地震、結構みんな冷静だったんじゃないかな。
家はなんの問題もなかったが、薪棚の一部が崩れた。たいしたことはなかった。

日に日に被害が大きくなっているようだ。テレビでは、目に惹くようなキツイ映像ばかり流している。ラジオの方がこれからどうすべきか、何がどのようになっているのかを詳しく話している。時折流れる音楽もやさしいぞ。ラジオの「勝ち」と思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード