Giant CS-7000 変速機レバーの交換

もう10以上前に子どもが買ったクロスバイク Giant CS-7000。
いらいなというので引き取った。
変速機レバーが壊れたとのこと。
どうも変速機レバー以外は、パーツこそ傷んでいるけれどなんとか使えるぞ。

若かりし頃は自転車小僧だったのだ。
んじゃ、部品を探して交換すればいいんでないの?
ということで、ネットで部品を探した。
さすがに古いものなので新品はなく、程度の良い中古品を探し出して買い、交換した。

Giant 03

まずはハンドル・グリップをこじりながら外す。ゴムが劣化して、一部溶けてハンドルにくっついていたのでちょいと苦労して外した。

Giant hadle

乗ってみて、フラット・ハンドルの長さが長いと感じたので少し切り詰めた。片側2cmほど。
オフロード用ではないので、やはり肩幅の長さが正しいのだ。
ずいぶん操縦しやすくなったぞ。

Giant 01

アウター・ケーブルはまだ生きているので、インナー・ケーブルはホームセンターで新しく買った。
ブレーキ・レバーを外してから古い変速機レバーも外して新しいのを取付け、インナーケーブルを通す。

Giant 02

一部フレーム内をワイヤーが通過するのだが、無事に変速機までたどり着き、ここで先端を固定する。
ついでに、このネジを回して変速機の位置を微調整。

Giant 04

リアも同様に交換してワイヤを固定する。あらら、ワイヤがほどけていて危ないぞ。
ちなみに、主要パーツは Shimano TIAGRA というシリーズでまとめられていた。
後9段、前3段。

Giant 08

こんな感じに仕上がり、はい終了。
まだまだ現役で使えるぞ。

Giant 05

これは、後から取り付けたスタンド。
とてもお気に入り。
アメリカではごく一般的なもので気に入っていた。
これもわざわざネットで探して買ったのだ。

Giant 06

これが日本式のスタンド。
何が問題かというと、スタンドを跳ね上げたときの後ろ姿がとても不細工なのだ。

Giant 07

アメリカ式のスタンドを跳ね上げるとこんな感じになって、後ろからは見えなくなる。
後ろ姿がすっきりしていて美しいのだ。
欠点は、スタンドを下した状態でペダルが回せないことかな。スタンドにぶつかるのだ。些細なことだ。

メカメカものは面白いなぁ。


リンナイ 内炎式ガスコンロ RBG-N38W6GGX5

火が好きである。
薪ストーブの炎がゆらゆら揺れるのを見るのは心がほぐされるものだ。

キャンプで使う、コールマンのツーバーナーの炎もいい。
ガソリンを気化た炎は青い。
また音がいい。ゴーッという力強い音がする。
野外で暗くなったときにこの音を聞くとホッとするものだ。

ガスコンロの火もいいもんだ。
都市ガスの炎も青い。

さて、前々から気になっていたコンロが手に入った。
リンナイの内炎式コンロ(RBG-N38W6GGX5)である。
義母が使っていたが具合が悪くなったので交換するというので、ではいただきますと引き取ってきた。
火力調整がうまくできないとのこと。
出費覚悟でリンナイで修理してもらった。
この機種はガスの出力量をモーターで調整するらしく、その制御部が不良ではないかとのこと。
この先も使うことを考えてバーナー3口分交換してもらった。
払った金額を考えたら新品のコンロが買えるのだが、どうしてもこのコンロが欲しかった。
その理由がこれである。

Nainen02.jpg

なんと美しい炎であることよ。
内炎式の利点は、内側に向かって炎がでるので熱が外側に逃げない。
だから熱効率が良いのだ。しかも、この炎は単に内側に向かって出るだけでなく、斜めにトルネードででるから見た目も美しい。
いやぁ、ほれぼれする美しさである。

通常のコンロは外炎式であるからこうなる。

Nainen01.jpg

これは右側にある外炎式バーナーである。火を強くすると火はますます外側に向かって出る。
まぁ、こんなもんでしょう。

実はこの内炎式コンロはもう販売されていないし、製造もされていない。
なぜなら安全規制が厳しくなって、センサーがついていない家庭用コンロは販売できないのだ。
空焚きを防止するためなんだろうね。だから、新基準のコンロは、出荷時設定ではコンロから鍋、フライパンを離すと火が消える。フライパンを振ると火が消えるのだ。アホか。わざわざこの機能をオフにしないと使えない。

このコンロも規制前のものであり、もう10年ものである。
交換部品もなくなる頃だ。
右側のバーナーは外炎式だからセンサーがついていて揚げ物の温度管理などができる。

やっぱり内炎式バーナーの炎は美しいぞ。


玄関先のタケノコを茹でる

玄関先に姫孟宗が植えてあるのだが、今年も新しいタケノコが伸びてきた。
いつもは1本だけ世代交代用に残して他のタケノコは切って捨てていた。
なぜ食べない。。。
そりゃそうだ、孟宗竹なんだから食べられるわな。
掘って2本取りましたよ。

Takenoko1 2017

そんなに太い竹ではないので、たいした量にはならないけど。

Takenoko2 2017

今年はこれを残そうと思う。
ここから一気に伸びるのがすごい。竹の成長速度には毎年驚かされる。

まだ茹でているところなので、味はどうなんだか。。。

(続報)

で、炊き込みご飯と煮物にしたら、まったくエグミがなくてうまいこと。
切って5分もしないうちに茹でたのがよかったのかな。

うまかった~



カリタ ダイヤミル(レッド) 分解掃除

カリタのコーヒーミル、その名も「ダイヤミル」。重量3.3kgの鋳物製ミルである。
もう10年以上使ってきたが、一度も分解掃除していないことが気になっていた。
朝のコーヒーを飲みながら、エイヤッと決断して分解掃除してみた。

Karita 2017 2

これが臼の固定側。コーヒーのカスがべったりとついている。スゲェ~。

Karita 2017 3

下の円盤が臼の回転側。この二つがすりあわされて細かな粉になる。

Karita 2017 6

きれいにして、シャフトを入れるとこんな感じ。

Karita 2017 1

作りがとてもシンプルなので(重いけど)、メンテも簡単である。
回転もとても滑らかになって、とても気持ちいい~。

よかった、よかった。

風呂場の水栓修理

風呂場の水栓を修理した。
使いだして13年、水が止まらないようになってきた。

Bath2016001.jpg

上に回せばシャワーが、下に回せば蛇口から水、お湯がでるのだが、この中間点でポタポタ出てしまうのだ。

TOTO の混合栓というのか、型番は TMG40 である。
部品を検索すると、開閉ユニット部というもので部品番号が TH 577 とわかった。
アマゾンさんで 2842円なり。

台所の混合栓も去年修理したし、洗面所の混合栓も去年修理したし、やはり寿命13年くらいなのね。

Bath2016002.jpg

まずは、お約束の元栓を閉める。水だけじゃなくて、お湯の方も忘れず閉める。

Bath2016003.jpg

このハンドルは、隙間にマイナス・ドライバを入れてこじあけ、引っ張ると抜ける。

Bath2016004.jpg

ここは水が入るので、まぁ汚いこと。この金属の突起が水とお湯の中間ポイントでカチッというクリック感を発生させる部品なのだが、クリック感はなくなっているので、後で調整するとしよう。

Bath2016005.jpg

このプラスチックは切欠きがあるので、そこから広げて外す。

Bath2016006.jpg

これはナットになっているので、レンチを使って外す。

Bath2016007.jpg

白い部品は引っ張って外す。この際だから、外した部品をブラシできれいにする。

Bath2016008.jpg

これが今回交換する開閉ユニット部なるもの。
ペンチで先端をつまんで引っ張って外す。

Bath2016009.jpg

この部品を新しいものと交換して、逆の順番で組み立てると完成。

Bath2016013.jpg

はい、きれいになりました。

Bath2016012.jpg

これが、シャワーと蛇口の中間点のクリック感を発生させる部品。
バネになっていて、この出っ張ったところでクリック感がでるんだけど、へたってきていた。
バネ形状をもっと鋭角にしてしっかりと当たる様にしたら、だいぶクリック感が戻ってきたのでよしとする。

おしまい。

プロフィール

tomiohoriguchi

Author:tomiohoriguchi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード